So-net無料ブログ作成
検索選択

☆ Lesson(自宅@横浜市金沢区)☆
ご要望に応じて開催(1名様~最大3名様まで)
*レッスンをご希望の場合はメールにてお問い合わせください*

時間内入退出自由です。
どちらも少人数でのアットホームなレッスンです(お茶・お菓子付)。
ブログに掲載されているお好きなレイや小物をお作りいただけます。
お問い合わせ・お申し込みはこちらか右下のメールフォームからお願いします。

霧多布湿原 [Travelog:Hokkaido2011]



お花が美しい霧多布湿原です(^^)
そして霧多布がある浜中町には、もうひとつの自慢があるようです・・・

霧多布湿原釧路から根室に向かう途中にある、
日本で三番目に大きい湿原です。

私の憧れは、ワタスゲの綺麗な花を見ることなんですが、
ワタスゲは6月~7月なので、もう当然終わってます(--;)
ですが、たくさんのお花が見られましたよ。

まずは霧多布湿原センターへ。



浜中町が作ったこの施設を、
霧多布湿原トラストというNPO法人が管理しているそうです。



とても天井の高いゆったりとした建物に、
湿原を愛する人たちが作った植物や湿原の説明など、
見どころたくさんです。

売店には、普通のお土産以外にも、こんなクラフトが。



ちょっと季節が合わなかったためかお買い上げしませんでしたが、
なかなか素敵なセンスで湿原という立地にぴったりのクラフトですね。

そして買い物をすると、エコな手作り紙袋に商品を入れてくれました!



こういうの初めてですが、嬉しいものですね。
包装紙を利用した袋自体もとても丁寧に作ってありました(^^)

まずは(運が良ければ)丹頂鶴に会えるというポイントへ。



丹頂鶴はいませんでしたが、
しずかな湿原を風が吹き渡る風景を見ているだけで癒されます。



少し場所を変えて、道沿いにある霧多布湿原トラストのカフェへ行ってみました。





こちらで真っ先に目をひいたのは、

「ハーゲンダッツのアイスクリームでも使われているおいしい牛乳」

というなんとも魅力的なキャッチのビン牛乳。



う~~~ん(^^) 濃くて美味し~~い!

こちらを読んでいただければわかるのですが、
横浜タカナシ乳業が浜中町に進出して、
そしてタカナシ乳業がハーゲンダッツ・ジャパンの設立に関わったことで、
浜中町の牛乳が使われるようになったそうです。
それだけ、質の高い美味しい牛乳がとれるんですね。

もともと、タカナシの商品のファンで結構買っていたこともあり(横浜だし)、
ハーゲンダッツも大好き。
今回浜中町に来られて、偶然にもつながりを知ることができて・・・
とてもラッキーでした。





やっぱり、憧れのワタスゲの花畑は、生きているうちに、見てみたいわぁ。

実は、スイスで見たことがあるんですけど、是非霧多布のを!

<霧多布湿原センター>
〒088-1304 北海道厚岸郡浜中町四番沢20
電話:0153-65-2779 FAX:0153-65-2774



<霧多布湿原トラスト>
〒088-1531 北海道厚岸郡浜中町仲の浜122
電話:0153-62-4600 FAX:0153-62-4700



DSC00663.JPG
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。